京都府伊根町・丹後半島の漁村 伊根町蒲入 漁港めし

文字サイズ
>
事業案内

 

事業案内

蒲入水産有限会社は地区民全員が出資者であり、

村ぐるみで定置網事業、水産加工事業に取り組んでいる漁民会社です。

平成16年に漁業協同組合の合併にあたり、村の財産である定置網を残すために有限会社として新しく誕生しました。

蒲入水産は漁業権の管理など村人の権利保護と住民自治による資源管理・環境保全などを実行していく会社です。

また、定置網漁業2ヶ統、水産加工品製造販売、食事提供(漁港めし)、イベント販売、通信販売などの事業展開

をしています。

 

 

定置網事業
 

伊根町最北端の蒲入漁港沖に、大型ぶり定置網を2ヶ統設置しています。

漁場は丹後半島の先端「経ヶ岬」に近く、日本海の荒波が打ち寄せますが

天候にも負けず毎日早朝より出漁して頑張っています。

 

 主要魚種…丸子類、あじ、いか類、とびうお etc(季節で異なります)

 定休日…第2日曜日、第4土曜日、盆、正月

 

 

 

加工事業
 

 

当社の人気№1商品

 「一夜干しするめ」「鯖のへしこ」を中心に加工製造販売をしており、

丹後のお土産物店を中心に販売しています。

又、イベント等での出張販売、通信販売もしています。

 

 

 

 

 

食事提供(漁港めし)
 

定置網で当日の朝水揚げされたお刺身から、

丹後で採れた魚介類、地元の有機野菜を使用した「漁師めし」です。

漁港内にあります、魚荷捌き所の簡易テーブルにてお召し上がり頂きます。

お食事しながら漁村風景を満喫できるロケーションは〝もう最高”です。

 

事前予約にて是非一度、御来店下さいませ !(^^)!